美容整形外科で理想を現実に変える|魅力アップ効果

失った乳房を取り戻せる

バストを測る女性

乳房より命は大切

乳がんになると、一番始めの治療として手術が行われます。乳房の全部や一部が摘出されてしまいます。女性にとって、乳房を失うというのは大きなショックなことです。自分を鏡に映して直視するのも難しくなります。乳がんで乳房を失う事は辛いことですが、そのまま放置してしまうのは死を意味します。乳房を失っても命は助かったと思う方が良いです。そして、現在の医学では乳房再建を行うことができます。医療保険も適用され、高額療養費制度で自己負担額を抑えて行うことが出来るようになっています。乳がんの進行具合にもよりますが、乳がんの手術と同時に行うこともでき、その場合は自分の乳房が無くなってしまったと落ち込む気持ちはほとんどありません。

選択肢の幅がある

乳房再建のタイミングは、乳がんの手術と同時に行う一次再建と、乳がんの手術後期間をあけてから行う二次再建の方法があります。それぞれに長所と短所がありますが、乳房を失った気持ちを軽減出来るのは一次再建です。二次再建の場合は乳房再建する場合の形などをゆっくり決める事が可能になります。そして、乳房再建の方法として、自分のお腹や背中の一部を使って行う方法と人工的なものを入れるインプラントによる方法があります。自分のお腹や背中の一部を使って行うと感触などがより自然に近いというメリットがあります。インプラントによる方法は傷口が少なくてすむというメリットがあります。患者さんの希望や生活スタイルによって相談した上でどちらにするか決められます。このように乳がんで乳房を失っても乳房再建を行うと前と変わらない生活を送ることが可能になります。