美容整形外科で理想を現実に変える|魅力アップ効果

顔にあるほくろ

ウーマン

目元や口元にあるほくろがチャームポイントになっている人が少なくありませんが、大きすぎるほくろや盛り上がったほくろが顔にある場合は、一度医療機関で診てもらった方がよいかもしれません。ほとんどのほくろは良性のものですが、ごくまれに、そのまま放置しておくと癌化してしまう悪性のほくろができているケースがあります。何もなかった場所にほくろが急にできてしまった時や、ほくろが成長しているように感じられる場合は、専門医に診てもらっておく方が安心です。検査の結果、悪性のものであることが判明した場合は、ほくろ除去手術を受けることになります。その場合も、ほくろの種類に応じて除去方法を変える必要がありますので、ほくろ除去手術で有名になっているクリニックを選んで利用するようにした方がよいです。

ほくろ除去手術を受けることができるのは、外科を標榜している皮膚科や美容外科などです。診療科名に「外科」という文字が含まれていても、一般整形外科ではほくろ除去手術を受けることができません。たとえ顔にほくろができていたとしても、多くの場合、機能的には何の問題もありません。どちらかというと、見た目をよくするために行われる治療ですから、保険が効かないケースが多いです。できるだけ少ない費用でほくろ除去を済ませたいと考えている人は、保険が効く一般皮膚科を受診するようにした方がよいです。一方、多少費用がかさんでしまっても、できるだけ丁寧な治療を受けたいと望んでいる人は、美容外科を受診する必要があります。美容外科の治療は原則的に保険が効きませんが、保険診療の縛りを受けない多彩な治療方法が用意されています。